読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monolog

スタック・オーバーフロー・エンジニアのなかにしゆうが思うことを書いていきます。

2014年、ゆりえちゃんと出会いました

2014年は激動の一年

ゆりえDays の案を思いついてから激動でした。見ていただいて海外から仕事のお誘いが来たりといろいろあり、「あれっ、こうやって自分で作ったものをしっかりアウトプットしていったら、自分で仕事をとってやっていけるのでは?」「(イヤな息子やけど)パパがまだ元気でいて、リスクのない実家を使えるのは今しかないのでは?」と思い独立を決意しました。

そして気づけば会社を作ってみたりしてました。言い換えるとゆりえちゃんがいなければ今の僕はなかったです。プロジェクト立ち上げにあたりお手伝いしてくださった @akayan365 さんには感謝しています。ゆりえちゃん好きです。

この機会に昨年書いた記事を見返していると、

せっかくなので今年の目標を立ててみました。去年は転職して新しい職場になり、様々なことを学びました。これからも継続して学んでいきたいと思います。これからもいろいろ学びインプットを継続しつつ、今年はQiita、GithubへのContribute、そしてこのブログを使ってアウトプットをしていこうと思います。

とか書いていました。こちらについてはまあまあ及第点かと思っています。

起業や在宅ワークについて

働き方については 「プログラミング未経験、貯金100万円でアプリで独立」400万ダウンロードの脱出ゲーム「CUBIC ROOM」を生んだアプリ職人の細部へのこだわり。 | アプリマーケティング研究所 に書いてある以下の一節に大変共感しています。

実はすごく心配性で・・・心配性だから独立しました。(いつも「逆だろ」と言われるんですが。笑)

というのも、終身雇用ってもはや幻想だと思いますし、会社員として「その企業内でしか通用しないスキル」を磨いていくことにリスクしか感じなかったんです。

「いつか起業したい」とは昔から思っており、「今がそのタイミングだ!」と思ったわけです。

ぶっちゃけ儲かるの? とかお金の話は飲みにでも誘ってくださいw

在宅ワークについては、人はベッドが横にある環境で仕事ができるのか? と考えていた時期もありますが、働き始めてみれば順調です。通勤時間がゼロになるメリットの方が大きいように感じています。

2015年もよろしくお願いします

2014年が年始に思ってもいなかった激動の年になったので、今年もどんどん激動させていきたいです。今年もよろしくお願い申し上げます。