読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monolog

スタック・オーバーフロー・エンジニアのなかにしゆうが思うことを書いていきます。

iPhone SEを買うなら選択肢は「16GB」しかない

この記事は古くなっています。iPhone7の発売に合わせて価格改定され、現在は16GBと64GBの価格差は5,000円しかなく、64GBを買ってもいいかもしれません。

この記事のタイトルは下記の記事のパロディです。

www.itmedia.co.jp

この手の「iPhoneの容量は大きい方がよい」という論調の記事はけっこう目にします。

私はこれまで、

  • iPhone 3G
  • iPhone 3GS
  • iPhone 4
  • iPhone 4S
  • iPhone 5
  • iPhone 5c
  • iPhone 6
  • iPhone 5S
  • iPhone 6s
  • iPhone SE(本日注文!)

と使ってきました。大きい容量のモデルを買ったこともありましたが、ここ最近は「iCloudを活用し、最小容量のモデルを買う」という流れで定着しており、今後もこの方針を変えるつもりはありません。その理由は2つあります。

理由1:データはiCloudに安全に退避できる

写真やビデオはiOSから自動的にiCloudに移動させる設定があります。また、端末には縮小版を保持しておき、端末の容量を節約することができます。つまり、端末の容量を気にせず撮りまくり、容量の大きいフルサイズ版はiCloudにある、という状態にすることができます。必要なときには何も意識せずともネットからダウンロードされて表示されます。

「写真やビデオをたくさん撮るから……」と大容量モデルを買う人は、端末が故障したときのことを考えていない人が多いように思います。故障したときには撮ったデータは戻りません。iCloudにデータがあると、Webからダウンロードもできますし、買い替えのときもApple IDひとつで復元できます。撮った写真はお金で買えません。こういった安心はお金に代えられません。

理由2:端末の容量を上げるよりiCloudの方が安価

iPhone SEのSIMロックフリー版の価格を見てみましょう。

容量 価格
16GB ¥52,800
64GB ¥64,800

つまり、「48GB増やすために必要なコストが¥12,000」だといえます。iCloudのストレージの価格はどうでしょうか。

容量 価格
5GB 無料
50GB ¥130/月
200GB ¥400/月
1TB ¥1,300/月

つまり、「45GB増やすために必要なコストが¥130/月」だといえます。iPhone SEを2年使うとしても2年で¥3,120となり、万一それでも容量が足りなくなったときには増やすことも可能です。端末の容量を後から増やすことはできません。

大容量モデルを買うべき人は、ゲームを何本もインストールする人

大容量モデルを買うべき人は2通りだと思っています。

  • 容量の大きなゲームのアプリを何本もインストールしておきたい人
  • 端末を7年8ヶ月以上使う人(¥130/月のiCloudが端末価格の差額をペイする期間)

前者について、コンシューマーゲーム機からiOSに移植されるケースも多く(ロマサガ2も出ましたね)、ゲーム1本でGB単位になるものもあります。こういったゲームを複数インストールしておきたいという人は、他に容量を確保する方法はありませんので大容量モデルを買うべきでしょう。ゲームはあまりしない、クリアしたらアプリは消す、複数インストールしておく必要はない、という方は16GB一択でしょう。

iPhone SEは日本の携帯電話における歴史的端末になる

iPhone SEが発表されました。ぼくは、

iPhone SEは日本の携帯電話における歴史的端末になる

と、そして、「i-mode時代」「ガラケー時代」「スマホ時代(前期)」「スマホ時代(iPhone SE以降)」ぐらいの分かれ目になると思っています。この理由は2つあります。

スマートフォンの進化に人類が追いついていない

年々スマートフォンは大画面になる方向に進化してきていますが、人類の手の大きさについては進化していないように思います。人類の手の大きさがスマートフォンの進化に追いついていないというわけです。

iPhone1台ですべてをこなしたいという層には大画面化は価値があるのかもしれませんが、電車通勤する人や両手が使えるときにはMacを触っている層には片手で使えることに価値があると考える人も多いです。

いまぼくはiPhone 6sを使っていますが、滑って落としそうになったり、小指で下を支える持ち方になってしまうので小指が痛くなったり、という弊害も感じています。

そこで、「やっぱり4インチが使いやすい」となるユーザーが一定数いると、Android端末メーカーもまた4インチモデルを作るようになり、「大画面化」の歴史にピリオドが打たれることになります。いまは大画面スマホ以外の選択肢は提供されておらず、その結果として不服ながらも大画面化に流れるユーザーが多いように思います。

個人的には、4インチでもまだ人類には大きいと思っており、iPhone4までの3.5インチが至高だったと今でも信じています。

携帯電話の売り方がそろそろ限界

今年の2月から「実質0円」での販売を自粛する流れなのはご存知の通りです。

garumax.com

現在、キャリアでiPhone 6sは実質16,000円程度で売られているようです。まだiPhone SEの価格は出てきていませんが、「キャリアが廉価版であるiPhone SEを一体いくらで売ることができるか?」というのを考えたときに、

  • ユーザーはiPhone 6sよりも安い価格を期待する
  • いっぽうで、0円(かもしくは低価格)で売ることはできない

というジレンマに直面することになり、キャリアとしてはかなり苦しい決断になってくるはずです。

そもそも0円端末を支えているのは販売店に支払われる販売奨励金であり、これが通信料の高止まりを支えていたりします。

販売奨励金については次の記事がわかりやすかったです。

kotobank.jp

iPhone 5cが日本であまり売れなかったのは、「iPhone 5sより性能が低いにもかかわらず、価格差がほぼないから」だったと思っています。販売奨励金を廃止する気のないキャリアの生き残る道は「今回も同じように価格差をつけずに売る」しかないと思うので、iPhone SEをキャリアから買う人は割高な料金を払って購入することになると思います。そうなってくると、4インチのスマートフォンに需要がそれなりにあるのは事実だと思うので、SIMロックフリーモデルのお得さがより際立ち、MVNOへの移行が進み、業界再編につながりうる端末だと思っています。

販売奨励金という病気から抜け出せないキャリアがiPhone SEをどんな価格で出してくるか楽しみです。

そのほか

国内にApple Payを搭載した端末数が増えることと、MasterCardが国内でApple Payビジネスを始めそうだということにも注目です。(おサイフケータイが流行ったときに限定的だったので爆発的な普及は見込めないのかもしれませんが、)携帯端末での決済も変わってくるのかもしれません。

iphone-mania.jp

イケダハヤト氏に限らず、有料noteは相場(笑)よりどんどん高くしていってほしい

先日、

webshufu.com

という記事がホッテントリしていました。この記事の主張は下記のただ1点と理解しました。

  • 情報量(文字数)こそが価値であり、文字数のわりに価格の高い商品はボッタクリである

世の中には様々な本が出ていますが、「この本の著者の主張をまとめると3行で終わるんじゃないか?」というような本もかなりあり、本という体裁を保つ目的で字数稼ぎになっているものが多いように感じています。

そういう本を読み終えると私は思うのです。

お金を出させておいて、そしてさらに(3行で書けるテメーの主張のために)読む時間まで奪っていくのかこの本は?!(倒置法)

時は金なりです。時間があればバイトでもすればお金は作れます。つまり時間を浪費するということはお金を浪費するということと同じです。3行で要約できるなら要約済みの3行の情報にお金を払う方が時間を浪費しない分価値は高いです。

たとえば、「肩こりを和らげる方法」「鼻づまりを一瞬で解消する方法」とか記事が流行ったと思います。このような「情報」は肩こりに悩んで何年も通院している人などにとって、医療費やこれから通院する時間を考慮すると何十万円もの価値ある情報かもしれません。

中学生がタバコ吸って書かされる反省文じゃあるまいし、字数稼ぎじゃなくって、簡潔に有益な情報を伝える商品が価値があると正しく評価されてほしいものです。

プッシュ通知に消耗している気がしてきた

仕事に集中しているときにApple Watchが震えたり、画面の右上に通知が出たり、音が鳴ったりすると本当に集中力がそがれます。特にDockで僕が反応するまでアイコンがバウンドするようなアプリの開発者は「集中して仕事する」という経験がないとしか思えません。

そもそも、1日何度も通知は発生しますが、そのうちリアルタイムに気づく必要のあるものっていったいどれぐらいなのでしょうか?

いっかいすべて通知をOFFにしてみて、通知がOFFだったために困ったことになった場合、必要最小限に絞って個別にONにしていくという運用にしてみたいと思います。しばらく運用してみてまたどうなったか書くかもしれません。

本当に必要なときは電話が鳴るでしょ。

LINEやFacebookメッセンジャーみたいなアプリには本当に「グループのスレッドは通知は一度だけ機能」が欲しいです。仕事やスプラトゥーンに集中しているときに会話が進むたびにずっと通知が鳴り続けるのは本当に消耗します。「未読がある状態」であることさえ分かれば手が空いたときに見ます。「未読ができたときだけ」通知があればいいと思います。この機能がつかないのは、「通知OFFにする人が増えて、アクティブユーザーが減る」ではなく「むっちゃ通知が来るからアクティブユーザーが増える」効果があるんだろうな。

我々はおうちハックに何を求めているのか

若干釣り気味のタイトルにしてしまいました。反省はしていない。(๑•̀ㅁ•́๑)✧

この記事はおうちハックAdvent Calendar 2015の12日目の記事です。

家電は人間の指示に従順すぎた

私は、エアコンをONにしたまま外出してしまい、帰ってきたら「あーやってしまった!」となることがよくあります。多くの場合、外出していたらエアコンがONである必要はありません。

一方、朝、布団から出るのがつらい時期になってきました。寒い日には部屋が暖かい状態で目覚められればいいのに、と思ったりもします。

つまり、確かにエアコンをONにはしたが、やっぱりOFFが良かったということもあり、逆に、ONにしてはいなかったものの、ONになっていてほしかったと思うことがあります。つまり、「ON/OFFの操作」と「実際にONになっていてほしかったか?」は完全に独立していることになります。20世紀に生み出された家電の延長線上にある現代の家電たちは、人間の指示に従順すぎたのです。

家電自身に判断させるのが正しい

家電の操作にはよくリモコンが使われます。しかし、そもそもエアコンを動作させるとき、「暖房21度にセットしたい」と思ってエアコンの電源を入れるのではありません。「寒さを感じないようにしたい」という目的で電源を入れているはずです。

もっと言うと、暑いか寒いかは機械的に判断できることであり、ここに人間の意思を介在させる必要はありません。したがって、「エアコン側でON/OFFすべきかどうかを判断すべきではないか?」という発想になってきます。

ただ、在宅していないのに、

エアコン「部屋が寒いから部屋暖めといたっスよー」

とかは困ります。「部屋が」寒い、のように、「部屋」を主語にして判断して動くのはよくありません。

あるべき姿は「僕が主語」

そこで、主語を「僕」と考えることにします。たとえば、私が「寝る」ということをすると、各家電においては次のように自分で判断して動作すべきです。

  • エアコン:OFFにする。明日の天気予報を調べて、最低気温が一定以下、または、一定以上なら適温になるようタイマーをセットする(一定時間後にONにせず、寝る時点でタイマーをONにするのは、リモコンの電波を受信したらエアコンから音が鳴るからです)。
  • 照明:OFFにする
  • 家の鍵:施錠する

「外出する」場合は次のような感じでしょうか。

  • エアコン:OFFにする
  • 照明:OFFにする
  • 家の鍵:施錠する
  • ルンバ:過去24時間起動していなかったら掃除を始める

いずれも「家電に動いてもらうためにどう操作するか」ではなく「僕がどう動くかを知って、家電はどうすればよいか自分で判断してね」という「僕が主語」の思想になります。

Webから「僕が何するか」指示するボタンを作ってみた

作ってみました。

f:id:youcune:20151210222214j:plain

こんな感じで動いています。

  • Raspberry Pi上でSinatraを動かす
  • すべての家電を操作できるようにする
  • エアコン、ルンバはIRKit経由(私の環境では、ルンバのリモコンは少し長押ししないと学習できませんでした)
  • 照明はHueを直接操作する

たとえばおやすみボタンはこんな感じで実装されています。

post '/oyasumi' do
  HueService.off!

  # TODO 起きる時刻をカレンダーから予定を読み取って判断するようにしたい
  if WeatherService.cold_tomorrow?
    AirConService.heat_after_5_hours!
  elsif WeatherService.hot_tomorrow?
    AirConService.cold_after_5_hours!
  else
    AirConService.off!
  end

  json(status: 'OK', message: 'おつかれさまでした!')
end

ぜんぜん使い回しが効かなさそうですが、すべてGitHubで公開しています。

今後の展望

  • カレンダーの予定を確認して起きる時刻を予測し、エアコンや照明の時刻を変える
  • 家の鍵をHTTPリクエストで開閉する仕組みがほしい
  • 位置情報に連動して自動化させたい(ボタンを押す必要がないようにしたい)

すべての家電が HomeKit に対応するのが理想

この思想にかなり近いのが HomeKit でしょう。ただ、対応している家電が(とくに日本では)まだまだ限られています。

おうちハックの記事を書いてる人はだいたいHueを使っているようですが、最近出たHue Bridge 2.0 は HomeKit 対応のようです。技適マークがないと思うので日本では使うと違法ですが、仮に技適マークさえあれば電源も電球の規格(E26)もOKだし、アプリも日本語対応しているのでHomeKitでSiriに日本語で指示でき、普通に使えそうですね。

来年はHomeKitにすべて寄せられることを願っています。

財布を落としたので再発防止策を考えてみた

財布を落としました。間違いなくここで落としたというところを探してもありませんでした。この反省を踏まえ、今後どうすれば回避できたかを3段階に分けて考えてみました。

落とす確率を下げる

まず事故を未然に防がないとダメです。iPhoneと離れたら通知が来るというTrackRを買ってみました。使い勝手とかはまた届いたら書くかもしれません。

落としても手元に返ってくる確率を上げる

悪意を持った人が財布を拾ったときに、足がつくのでクレジットカードを悪用しようとは思わないでしょう。つまり欲しいのは現金。しかし、落としたこちらからすれば、「現金は取ってもいいからカードや身分証明書を返して欲しい」というのが本音でしょう。それを逆手に取って「この財布を習得して連絡してくれた場合、中の金額の倍額をお支払いします」と連絡先を書いたメモを挟んでおけばきっと返ってくるような気がします。

他にも、

irorio.jp

上記の記事によると、「財布に笑っている赤ちゃんの写真を入れていると、手元に戻る確率が6倍近くになる」という興味深いデータです。これはコストをそれほどかけずにすぐ効果が出せそうです。

返ってこなくても被害額を下げる

そして、次の段階で、落としてしまったときの被害を減らすことを考えました。

  • 現金は20,000円以上入れない(そもそも高額なものはクレジットカードで買うじゃん)
  • 入れるカードは厳選し数を減らす(ネット通販中心の僕はクレジットカード3枚も入れておく必要はあったのか?)
  • どのカードを入れているかは完全に把握しておく(あのカード入れてたっけ……となってとりあえず止めたりしました)

みなさま、財布のお取り扱いにはお気をつけください。

起業家・フリーランス必見! 会社経営を1年やって役立ったサービス・アプリ11選

こんにちは、 @youcune です。本日、起業して1年が経過しました。そこで、今日は「この1年間、このサービスによって支えられた」みたいなものがいくつかあるので紹介していきたいと思います。よくあるよねこういう記事。でも、そういう記事の多くはアフィリエイト目的。本当にオススメのものかどうかはさておき、利益になるサービスしか紹介されていません(アフィリエイトのせいでネット上の記事の質が落ちると思っているので広告ブロックは品質の向上に貢献するのではないかという仮説を持っていたりしますが、そのへんの話はまた時間のあるときにしましょう)。この記事はぼくの目線でぼくが役立ったサービスを紹介していきたいと思います。

請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

f:id:youcune:20160325151414p:plain

見積書や請求書がWeb上で作れます。PDF出力やメール送信はもちろん、郵送までやってくれます(郵送は有料)。封筒や切手の在庫管理、印刷や封入、宛名を書いて投函する手間などを考えると圧倒的に安いです。

会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

f:id:youcune:20160325151411p:plain

会計・給与計算システムです。misocaと連携させて、売上管理とかもできます。こないだ社会保険事務所に調査で呼ばれたときに「今月から変わった社会保険料が正しく計算されてる!」と褒められました。こういうところはクラウドサービスの強みだと思います。よくMから始まるサービスと比較され、「freeeは複式簿記形式で入力できないからMの方にした」とか言われてますが、いや普通に普通の複式簿記形式での入力もできますから。「決済」という概念がある分、ぼくは両方使ってfreeeに落ち着きました。

Toggl - Free Time Tracking Software

f:id:youcune:20160325151417p:plain

時間管理に使っています。プロジェクトごとにわけて、「バックオフィスの業務に時間を使いすぎていないか?」「このお客様からいただいている費用分の貢献活動ができているか?」「自分はどの活動に時間を充てるのが利益を最大化できるか?」などトラッキングできるようにしています。Toggl Desktopというデスクトップアプリを使っていると、Macに向かっているのにタイマーが動いていなかったらアラートが出続けます。従業員の給与計算にも使っています。

To-Doリストとタスク管理。無料、簡単、オンラインとモバイル用: Todoist

f:id:youcune:20160325151416p:plain

UIがすぐれたTodo管理アプリ。今まであまりしっくりくるものがなかったのですが、これは長く使っています。ぼくは本当に忘れっぽくて、電話で「来週目処に返答します」と言ったことも忘れてしまいがちです。そういうのを細分化してTodoistにいれておき、毎朝漏れがないか確認してから今日やる作業を決めるという流れが定着してきました。

100万人が使う名刺管理アプリ Eight

f:id:youcune:20160325151409p:plain

名刺管理アプリ。名刺をアップロードしたら文字情報にしてくれて検索可能にしてくれます。Eightのユーザー同士は転職や所属が変わったときに自動でアップデートしてくれるというのはありがたいです。「あ、転職したんですか?」「昇進おめでとうございます」みたいなコミュニケーションが発生することもあります。ぼくは人と話したことも忘れてしまいがちなので、話した内容をメモすることにも使っています。ただ、電話がかかってきたときに誰からか名前が出ないのが困るので、iPhoneの連絡先に同期する方法を提供してほしいです。

Dropbox

f:id:youcune:20160325151408p:plain

言わずと知れたファイルを同期してくれるサービス。無料で使っています。これと……

1Password

f:id:youcune:20160325151404p:plain

を合わせて使っています。社内で共有するアカウントとヴォールトを分け、共有するアカウントはDropboxの共有ディレクトリに入れるという使い方をしています。

Write - A Beautiful Writing & Note Taking App for iPhone, iPad and Mac with Dropbox and iCloud Sync

f:id:youcune:20160325151420p:plain

これもDropboxと連携して使っています。Markdownでメモが取れる、iOS/Mac対応アプリです。海外製なので日本語の入力とか、リストのインデントとかちょっと動作がアヤシイところもあり、もうちょっとよさげなのがあったら乗り換えたい……。

Code, test, and deploy together with GitLab open source git repo management software | GitLab

f:id:youcune:20160325151413p:plain

最初はGitHubを使っていたんですが、やっぱり使っている量のわりに月々のコストが割高感あります。クライアント案件とか案件が終了したらほぼリポジトリ触らないのに課金は続くという状態になっていました。次にGitLab.comを使い始めましたが、他社と協業して制作にあたるようなことがあり、こちらで一元的にアカウント&権限管理できるほうが使い方にあっていると思い、さくらのVPSを借りてGitLab Omnibusでさくっと立てちゃいました。

Backlog - Backlog [バックログ]

f:id:youcune:20160325151405p:plain

課題管理システム。いろいろ検討しましたが、このプレミアムプランに落ち着きました。複数プロジェクトが並行していて「いま仕事うけれるの?」が全然わかっておらず、無理して受けてしまうということがありました。プロジェクト横断で自分のタスクのガントチャートが見れて、「どの時期にどのタスクを抱えており、どのへんなら仕事を受けてよいか?」など可視化されました。ただ、ほぼ1人プロジェクトで、かつ、この機能のために年間10万ぐらいかかっているようなものなので割高感はあります。チャンスあれば乗り換えるかもしれません。

バックオフィス支援をクラウドで。月額2980円|Bizer(バイザー)

f:id:youcune:20160325151407p:plain

入社手続きなど会社運営の手続きについて、必要なタスクを一覧表示、進行管理できるWebサービスです。士業の方に質問もできます。小規模な会社ならもう税理士とかと顧問契約いらないんじゃないでしょうか? 決算書を作ってくれるサービスも5万円からと良心的です(税理士の友人いわく、相場は10万かららしいです)。

まとめ

いつも使いやすいサービスを提供していただいて感謝します。「こんなのもあるよ」とかあったら Twitter @youcune におしえてください!